ブログ

第9章・土屋華章の珍客

第9章・土屋華章の珍客

《この家の主人は土屋華章という人品のいい老人だが、二十五歳のとき金剛砂を使ってモ ーターで水晶に加工することを発明した。今までに弟子を百人ばかり育てている。(中略)三人 の職人がシナの仏像写真を前に置き、大体その感じを出…

第8章・ことじの自慢

第8章・ことじの自慢

『あぁーいい湯だった♪』 『!?・・・・・・・・・』 手ぬぐい片手の一糸まとわぬ格好で、廊下を涼しげに歩くことじ。住み込みの若い弟子職たち の夕餉の手は止まり、茶碗と箸を手に持った持ったまま、目線は釘つ゛けとなって廊下を…

第7章・ことじの秘密

第7章・ことじの秘密

第一次世界大戦終結と共に押し寄せてきた不況にあえぐ日本経済とは相反して、1920年代 の米国は大戦への輸出で発展した重工業投資や帰還兵による消費の拡張、そして何よりモ ータリゼーションのスタートで自動車工業が飛躍的に発展…

第3章・ことじの結婚 ―夫・孝―

第3章・ことじの結婚 ―夫・孝―

明治45年鵜飼橋の熱烈な恋文攻撃が二人の距離を急接近させ、孝とことじは結婚した。 同年7月明治天皇が崩御し、その子供・明宮嘉仁親王が次の天皇として即位。元号が新た に大正となった節目の年であった。大いにテレがあったのであ…

第1章・ことじの生い立ち

第1章・ことじの生い立ち

『私が持たんきゃぁ誰が持つでぇー!』 少女ことじは切断への恐怖心とあまりの激痛でバタついている母の足をガッシリと押さえ 持ちじっと耐えた。ことじの母は足先に出来た傷の炎症から壊疽が進み、ついには足の下部 の切断を余儀なく…